サンダー・オーガとイムドゥークがいるときに通常召喚は何回できる

ボディビルダー

剛鬼サンダー・オーガ》や《星杯竜イムドゥーク》のように、通常召喚に加えて召喚を行えるカードはいくつか存在する。通常召喚は1ターンに1度しか行えないが、それを複数回可能になるのはかなりのメリットと言えるだろう。

剛鬼サンダー・オーガ

地属性/リンク3/戦士族/リンク/効果/ATK2200
上/左下/右下
「剛鬼」モンスター2体以上

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、ターンプレイヤーは以下の効果を適用する。●自分メインフェイズに通常召喚に加えて1度だけ、このカードのリンク先となる自分フィールドに手札からモンスター1体を召喚できる。

(2):このカードのリンク先のモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードの攻撃力は400アップする。

サンダー・オーガだけ、イムドゥークだけなら問題ないかもしれない。しかしこれらが複数存在したらどうなるのか。

召喚権を増やす効果には3種類ある

召喚権を増やす効果は3種類ある

  1. 通常召喚権を複製する効果(例:《二重召喚》)
  2. 通常召喚に付随して召喚を行う効果(例:《剛鬼サンダー・オーガ》)
  3. 上記とは別にカード効果の処理として召喚を行う効果(例:《ハーピィ・ダンサー》)

3つの効果はそれぞれが独立している。そのため、サンダー・オーガが存在するときに二重召喚を発動したとしても、それぞれは干渉しあわない。よって、本来の通常召喚と二重召喚による複製された通常召喚権、さらにサンダー・オーガによるリンク先への召喚の合計3回の召喚を行える。

サンダー・オーガが2体以上存在するとき

場に複数体のサンダー・オーガが存在し、それぞれのリンク先である自分のメインモンスターゾーンが空いているとする。この場合、どちらか片方のサンダー・オーガの効果のみを適用することになる。よって、通常召喚に加えて行える召喚は1度となる。

両方の効果によって3回の召喚を行うことはできない。

これはイムドゥークでも同様だ。

サンダー・オーガとイムドゥークが存在する時

サンダー・オーガとイムドゥーク2

これも上記と同様だ。 サンダー・オーガとイムドゥークが1体づつ存在する時、どちらの効果を適用して召喚を行っても良いが、一方の効果で召喚を行うと片方の効果は適用されない。

つまり、サンダー・オーガの効果を適用しそのリンク先にモンスターを召喚した場合、イムドゥークの効果による「星杯モンスターの召喚」は行えない。逆もしかりである。

Question

自分が「星杯竜イムドゥーク」の『①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに「星杯」モンスター1体を召喚できる』モンスター効果によって召喚を行っているターンです。

このターンに自分は、エクストラモンスターゾーンに存在する相手の「剛鬼サンダー・オーガ」の『●自分メインフェイズに通常召喚に加えて1度だけ、このカードのリンク先となる自分フィールドに手札からモンスター1体を召喚できる』モンスター効果を適用し、モンスターを召喚する事はできますか?

Answer

質問の状況のように、自分が「星杯竜イムドゥーク」のモンスター効果を適用し召喚を行っているターンには、相手の「剛鬼サンダー・オーガ」のモンスター効果を適用し、モンスターの召喚を行う事はできません。

公式裁定

サンダーオーガとイムドゥーク

通常召喚権に付随して召喚を行う効果は、本来の通常召喚権に対して1度きりしか適用できないからだ。パズルのピースのように一度はめると別のものをはめることができなくなる。

また、イムドゥークが3体以上存在していた場合でも、上記の理由で通常召喚に追加した召喚を行えるのは1度きりとなる

このように、通常召喚に追加した召喚を行うカードや効果を重複して使用することはできないのだ。

補足

サンダー・オーガのリンク先に星杯モンスターを召喚した場合、これはどちらの効果を適用した召喚に当たるのか。

実はどちらもでよい。サンダー・オーガの効果による召喚であっても、イムドゥークの効果による召喚であっても、追加の召喚であることには変わりない。しかし双方がわかりやすいように「イムドゥークの効果を適用して追加の召喚を行います」などと宣言すると良いだろう。