第3回よく分かる新マスタールールとリンク召喚~リンクマーカーとリンク先について~

ここではリンクモンスターに描かれているリンクマーカーについてよりわかりやすく解説する。

リンクマーカー

リンクマーカー数とリンク数

リンクマーカーは、リンクモンスターのイラスト枠外周にある赤い矢印のこと。矢印は最大8まで存在し、その指し示す領域やカードと何らかの関係性を持つ。リンクマーカーの数は、リンクモンスターのリンク数と同数である。

リンクマーカーが有効なのはエクストラモンスターゾーンに限らず、メインモンスターゾーンに存在しても有効である。これは、墓地から特殊召喚したリンクモンスターであっても同様である。

リンクマーカーはカードの情報であるので無効にすることはできない。チューナーやペンデュラムスケールがモンスター効果を無効にする効果で無効にできないのと同じと考えて良い。

リンクマーカーの先にエクストラからモンスターを特殊召喚できる

新マスタールールでは、エクストラデッキから特殊召喚できるのはどちらかのエクストラモンスターゾーンだけである。しかし、リンクモンスターが存在している場合に限って、そのリンクマーカーの先にエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できる。

ただし、一度正規の特殊召喚をしたモンスターならばその制約を受けずにメインモンスターゾーンに特殊召喚可能である。

リンク状態

「リンクマーカーの先にモンスターが存在する」または「1つ以上のリンクマーカーがモンスターに向いている」状態
パーフェクトルールブック2017 P.63

例えば、《デコード・トーカー》をモンスターゾーンに置いた場合、リンクマーカーは「上・左下・右下」の3箇所のゾーンにあるモンスターとリンク状態になっている。

リンク先とリンク元

リンク先とリンク元

リンクマーカーが指示す先のゾーンやカードを「リンク先」、その指している側を「リンク元」と呼ぶ。

リンク先とできるのは隣接したカードやゾーンのみである。カードやゾーンを挟んだり、空白地帯を超えてリンクすることはできない。

《リンク・スパイダー》の下のゾーンに《ハニーボット》がある場合、《リンク・スパイダー》は《ハニーボット》のリンク元であり、《ハニーボット》は《リンク・スパイダー》のリンク先である、といえる。

エクストラデッキから特殊召喚する際、必ずエクストラモンスターゾーンか、リンクマーカーの指し示すリンク先のゾーンにしか置くことはできない。

リンク状態になっていない場合

リンク状態でない場合

リンクモンスターが存在していても、エクストラデッキから特殊召喚できない場合がある。

例えば、《ハニーボット》をエクストラモンスターゾーンに特殊召喚した場合、《ハニーボット》はどの領域のカードともリンク状態になっていない。なので《ハニーボット》一枚で相手のエクストラモンスターゾーンを奪うことはできない。

また、《デコード・トーカー》がメインモンスターゾーンの右端や左端または中央に存在している場合、そのリンク先にあるのは何もない場所か魔法罠ゾーンしか無いため、デコード・トーカーはリンク状態になれない。モンスターを出せるのはエクストラモンスターゾーンかメインモンスターゾーンに限るため、メインモンスターゾーンにあってもエクストラモンスターを出すことはできず、自身の攻撃力を上げることもできない。

リンク状態でない場合その2

さらに、リンク状態になれるのはそのカードを中心とした8方向にあるいずれかの隣接したカードのみである。

例えば、《ハニーボット》がメインモンスターゾーンに存在する際にはその両隣がリンク先である。よって、《ハニーボット》の両隣のゾーンにエクシーズやシンクロモンスターをエクストラデッキから特殊召喚できる。

第2回 よくわかる新マスタールールとリンク召喚~リンク召喚のやりかた~

リンク召喚はシンクロやエクシーズと異なり、非常に多種多様な組み合わせがあり混乱が生じやすい。

今回はリンク召喚について具体的に説明する。リンク召喚はシンクロやエクシーズと異なり、素材軽減が可能であるのでわかりにくい。

リンク召喚のやりかた

リンクモンスターを特殊召喚するためにはリンク召喚を行う必要がある。
このリンク召喚はシンクロ召喚に似ている。違うのは、レベルを直接参照するのではなくモンスターの数だ。

このリンク召喚には、特殊召喚したいリンクモンスターのリンクの数と同数の表側表示のモンスターを墓地に送る必要がある。このとき、トークンやペンデュラムモンスターを使用できる。
例えば、リンク3のリンクモンスターならば3体のモンスターを墓地に送ることでリンク召喚が可能になる。リンク召喚はチェーンブロックを作らない特殊召喚であり、自分のメインフェイズにリンク召喚を行うことを宣言して行う。これはシンクロ召喚に最も近いので覚えやすい。

リンク召喚のやりかた

リンク召喚の際、リンクモンスターにはそれぞれ素材として使えるモンスターが決められていることがある。例えば《デコード・トーカー》ならば「効果モンスター2体以上」となっている。《デコード・トーカー》のリンクは3であるため、このリンク召喚に必要なのは「効果モンスターが3体」ということになる。

とても紛らわしいのだが、あくまでもリンク召喚の必要素材数はリンク数であるということに注意しなければならない。

リンクモンスターによるリンク素材の軽減

リンクモンスターは素材n体分または1体分として使用できる

リンク召喚するためにはリンク数と同じ数だけの素材を墓地に送らなければならない。

しかし、フィールドのリンクモンスターを他のリンクモンスターのリンク召喚の素材とする場合、そのリンク数で軽減することができる。

例えば、《デコード・トーカー》をリンク召喚する際、自分フィールド上にいる《ハニーボット》(リンク2)を効果モンスター2体分としてみなし、リンク召喚の素材とすることができる。つまり、《ハニーボット》ともう1体のモンスターを墓地に送ることで、《デコード・トーカー》をリンク召喚することができる。

もちろん、《デコード・トーカー》は「効果モンスターを2体以上」を素材にしなければならないので、リンク3の効果モンスター1体ではリンク召喚を行うことが不可能である。

リンク召喚のパターン

リンク召喚で重要なのは「リンク数」と「素材の条件」の2つ。

これらを元にどのようなパターンがあるのかを考える。

リンク数と同じ数だけのモンスターを墓地に送る場合

リンクの数と同じ数だけ素材モンスターを墓地に送る方法

最もスタンダードな方法。ゲーム序盤ではこの方法が多用される。

《デコード・トーカー》のリンク数は3であり、召喚に必須の素材は「効果モンスター2体以上」なので効果モンスターを3体墓地に送ればエクストラデッキから特殊召
喚できる。素材とするモンスターはレベルやランクは関係なく、表側でありさえすれば良い。

もちろんトークンは効果モンスターではないので《デコード・トーカー》の素材にはできない。

リンクモンスターを素材にする場合

リンクモンスターによる素材軽減

フィールドに《ハニーボット》が存在するとき。リンク2の《ハニーボット》はリンク召喚時に素材2体分とすることができるため、《ハニーボット》ともう1体の効果モンスターで《デコード・トーカー》を呼ぶことができる。

リンクモンスターはそのリンク数と同じ素材として扱うか、1体分の素材かの、どちらかになれる。

リンクモンスターだけでリンク召喚する場合

リンクモンスターのみを使ったリンク召喚

リンクモンスターのみを素材にしてリンク召喚することもできる。

このとき、リンクモンスターはモンスター1体として素材にするか、そのリンク数の数だけ素材として扱うかの2通りの使い方がある。

フィールドに《ハニーボット》が2体存在する時、これらを素材に《デコード・トーカー》をリンク召喚できる。《ハニーボット》は両方効果モンスターであり、片方の《ハニーボット》をリンク素材2体分とすることができるためである。当然、《ハニーボット》を1体の効果モンスターとして扱い、3体を素材に《デコード・トーカー》を呼ぶこともできる。

また、《ハニーボット》のリンク召喚のためにフィールドの《リンク・スパイダー》と《デコード・トーカー》を墓地に送ることもできる。

リンク数に満たない又は超過した素材を使うことはできない

リンク数に満たない又は超過した素材を使うことはできない

リンク召喚するためにはリンク数と同数のモンスターを素材にする必要がある。
《デコード・トーカー》をリンク召喚するために、4体以上の効果モンスターを素材にすることはできない。またそもそも軽減をなしにリンク素材数を減らすこともできない。

リンク数は満たしても素材の条件を全て満す必要がある

《デコード・トーカー》の召喚条件は「効果モンスター2体以上」である。これはリンク召喚における必須条件。

例えばフィールド上の《デコード・トーカー》1体は他のリンク召喚の際に3体分のモンスターとして扱えるが、《デコード・トーカー》1体だけを素材に別の《デコード・トーカー》をリンク召喚はできないので注意が必要だ。

《デコード・トーカー》は効果モンスターを2体以上必要とするため、同じリンク数のリンクモンスターが存在していてもその条件を満たさないからだ。

また、素材条件の一部しか満たしていない場合でもリンク召喚はできない。《デコード・トーカー》の素材として効果モンスターと通常モンスターを使うことはできないのだ。

第1回 よくわかる新マスタールールとリンク召喚

遊戯王OCGにおいて、2017年3月25日から施行される「新マスタールール」について詳しく解説していきたい。

ナンバリングは、マスタールール以降は1=>2=>3と連番であったけど、今回からその法則が崩れている。これが最後のルール改定に当たるのか、それともナンバリングされずにこの名称のままなのかは定かではない。

変更点

変更になったのは大きく分けて3つ。

  • フィールドにエクストラモンスターゾーンが新設され、それにともなって今までのモンスターゾーンがメインモンスターゾーンに名称変更
  • リンクモンスター及びリンク召喚という概念ができた
  • ペンデュラムゾーンが魔法・罠ゾーンと統合され、旧ペンデュラムゾーンが廃止された

この中で最も面倒なのは、エクストラモンスターゾーンとリンクモンスター(リンク召喚)だと思う。それぞれの特徴を簡単に説明する。

エクストラモンスターはどこに特殊召喚すればいいのか

新フィールド

エクストラモンスターゾーンとは、エクストラデッキから特殊召喚されるモンスターを置くための専用のゾーン。マスタールール3までは5ヶ所あるモンスターゾーンに好きなようにエクストラからモンスターを呼び出せたが、今後は原則としてこの1箇所にのみ特殊召喚することに成る。

エクシーズ・シンクロ・融合モンスターはエクストラデッキから特殊召喚されるため、これらを特殊召喚するためにはこのゾーンに出す必要がある。もちろん、エクストラデッキに表側表示で存在するペンデュラムモンスターも原則このゾーンに特殊召喚される。

このゾーンは双方のプレイヤーの中間に2ヶ所設置されているが、一人のプレイヤーが使用できるのはこの中に1箇所のみ。つまり、1プレイヤーにつきエクストラモンスターゾーンに特殊召喚できるモンスターは1体のみとなる。

メインモンスターゾーンにおけるのはメインデッキのモンスターやトークン等

マスタールール3まで存在したモンスターゾーンは、新たにメインモンスターゾーンと名称が変更された。このゾーンには、メインデッキに入れるモンスターや、トークン・罠モンスターを出すことができる。
エクストラモンスターはここには原則として置くことができない。

例えば、手札にある《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》を召喚・反転召喚・特殊召喚する際には、このメインモンスターゾーンに好きな配置で置ける。

勘違いしやすいが、手札からペンデュラム召喚する場合にはこのメインモンスターゾーンに特殊召喚される。ペンデュラムモンスターをエクストラモンスターゾーンに置くのは、あくまでもエクストラにあるペンデュラムモンスターの特殊召喚に限るということ。

魔法罠ゾーンとペンデュラムゾーンの統合

従来まではペンデュラムゾーンがフィールドの両端にあり、魔法・罠ゾーンとは別の扱いになっていた。しかし、今後はペンデュラムカードの専用スペースは廃止され、魔法・罠ゾーンに置くことになる。

ペンデュラム召喚をするためには、魔法・罠ゾーンの両端にペンデュラムカードを発動しなければならない。ペンデュラムカードを使わないのであれば、今までと変わらず5枚の魔法・罠を使えるので使用感は変わらないだろう。しかしペンデュラム召喚を行うと、実質魔法・罠のスペースが3枚に限定されることには注意しなければならない。

リンクモンスターでエクストラモンスターゾーンを拡張できる

リンクマーカーによる拡張と相手ゾーンとのリンク状態

リンクモンスターは、レベルやランクさらに守備力を持たない特別なモンスター。通常はゲーム開始時にエクストラデッキに裏側で置かれている。

リンクモンスターも融合・シンクロ・エクシーズと同様にエクストラモンスターゾーンに出すカードだが、このリンクモンスターに備わっている「リンクマーカー」を使用するとエクストラモンスターをメインモンスターゾーンにも出すことができる。

リンクマーカーがメインモンスターゾーンを指し示している限り、そのゾーンがエクストラモンスターゾーンとしてもつかえるのだ。

つまり、エクストラのモンスターを沢山特殊召喚したい場合には、最初にエクストラモンスターゾーンにリンクモンスターを出す必要がある。

リンクできるのは相手ゾーンのカードでも構わない

《デコード・トーカー》は上向きのリンクマーカーを持つ。エクストラモンスターゾーンに《デコード・トーカー》が存在すれば、相手ゾーンのカードとも《デコード・トーカー》はリンク状態になる。

そして、マーカーが指すゾーンにはエクストラからモンスターを呼べるため、相手プレイヤーは《デコード・トーカー》の上マーカーの位置にシンクロモンスター等を呼び出すことが可能になる。

《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》と《超越融合》の裁定

公式裁定

自分のモンスターゾーンに存在する「捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ」と「捕食植物サンデウ・キンジー」を融合素材として「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を融合召喚しました。その後、自分がその「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を対象に「融合解除」を発動しました。この場合の効果処理はどうなりますか?

質問の状況の場合、「融合解除」の『その融合モンスターを持ち主のエクストラデッキに戻す』処理は通常通り適用され、「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」はエクストラデッキに戻します。この場合、その融合素材として使用された「捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ」と「捕食植物サンデウ・キンジー」が自分の墓地に揃っていたとしても、墓地のモンスターはフィールドのモンスターとして扱われませんので、「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」の融合素材である『トークン以外のフィールドの闇属性モンスターx 2』の一組が揃っている事にはなりません。したがって、『その後、エクストラデッキに戻したそのモンスターの融合召喚に使用した融合素材モンスター一組が自分の墓地に揃っていれば、その一組を自分フィールドに特殊召喚できる』処理を適用する事はできません。

公式裁定-2017-01-14

解説

アニメでは「スターヴヴェノムを超越融合で融合召喚->;素材を復活」という流れがあるが、これはOCGでは不可能である。

これは融合素材となった側の問題ではなく、融合モンスターである《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》の表記にある「フィールド上の闇属性モンスター」が問題なのだ。スターヴヴェノムを融合召喚した素材は墓地に送られる。よってこの時点でフィールド上のモンスターではなくなっているために、それらはスターヴヴェノムの融合素材とはみなされないのだ。

これは《融合解除》でも同様である。

つまり、融合召喚の素材となったという事実だけではなく墓地での状態が素材に適合するかもが《超越融合》や《融合解除》の効果に関わってくるということだ。例えば種族・属性・名称が墓地にて変化し融合素材として条件を満たさなかった場合には、《超越融合》や《融合解除》によって特殊召喚ができない。

ペンデュラムモンスターの基本

ペンデュラムモンスターとは、枠の色が緑とモンスターカードの色で縁取られているカードのことで、モンスターカードの種族欄に「ペンデュラム」と記載されているものを指す。

種族の右側に「ペンデュラム」と記載されたモンスターはペンデュラムモンスターである。

ペンデュラムモンスターはモンスターか魔法か

  • ペンデュラムモンスターは、モンスターか魔法のどちらの状態を持つ
  • ペンデュラムゾーンにあるときのみ魔法カードとなってその効果を使える

原則としてモンスターカード扱い

  • デッキやエクストラ、フィールド等ではモンスターカードである
  • モンスターカード状態の時に魔法カードとして扱うことはできない
  • モンスター状態の時にはペンデュ無効化及びペンデュラムスケールは使用できない

ペンデュラムモンスターは原則としてモンスターカードである。よって、他のモンスターカード同様に召喚等を行える。

例えば《DDオルトロス》はレベル4のモンスターとして通常召喚することができる。また、レベルを8の《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》を通常召喚するためには2体のモンスターをリリースしてアドバンス召喚する必要がある。

デッキ等にあるペンデュラムモンスターはモンスター扱いであるため、それが戦士族であるならば《増援》によって手札に加える事ができる。
モンスターゾーンにあるときは魔法カードと扱えないため、《サイクロン》の対象にはできない。

ペンデュラムゾーンに置く場合は魔法カード扱い

  • ペンデュラムゾーンに置くときのみ魔法カードとして扱う
  • 手札からペンデュラムゾーンには魔法カードの発動を行う必要がある
  • ペンデュラムゾーンではモンスターカード状態ではなく、モンスター効果を使用できない
  • ペンデュラムゾーンに置かれた場合、原則置かれたままとなる

ペンデュラムゾーンに発動するとき、およびペンデュラムゾーンに置かれている状態のペンデュラムカードは魔法カード扱いとなる。

この状態では一切のモンスター情報を持たない。例えば《EMゴールド・ファング》がペンデュラムゾーンに存在するときにはモンスターカードではないので《EMシルバー・クロウ》の効果にある「EMモンスターカード」の枚数には含まれない。またモンスターカードを破壊する効果を受けず、シンクロ素材等にもできない。

ただし、カードとしての名称は残る。そのため、例えばペンデュラムゾーンの《EMオオヤドカリ》は「EMオオヤドカリという名前の魔法カード」として扱われるので《EMキングベアー》の効果にある「EMカード」の枚数に含まれる。

ペンデュラムゾーンに置く手順

  • 手札にあるペンデュラムカードを魔法カードとして発動するか、カード効果でペンデュラムゾーンに置くかの2つのパターンが有る
  • アニメ等で「ペンデュラムスケールをセッティング」と呼称しているが演出であり実際は異なる。必ず表側で発動または置かなければならない。

手札から発動する場合

  • 永続魔法と同じと考えて良い
  • 魔法カードの発動なので無効にできる

手札にあるペンデュラムモンスターを自分フィールドの開いているペンデュラムゾーンに魔法カードとして発動することができる。手順としては永続魔法と同じであり、自分のメインフェイズに行う。

このとき、必ず表側表示でカードの発動を行う必要がある。アニメで「セッティング」と発言しているが、実際にセットすることはできない。フィールド魔法や永続魔法と違うのがこの点である。

魔法カードの発動であるため、《神の宣告》等でその発動を無効にして破壊することができる。この発動を無効にされたペンデュラムカードは墓地
に送られる。

ペンデュラムゾーンに直接置く方法

  • カード効果によってペンデュラムゾーンに置くことができる
  • 直接置くときはカードの発動をしているわけではない

《慧眼の魔術師》等の効果によって、手札以外にあるペンデュラムモンスターを魔法カードとしてペンデュラムゾーンに置くことができる。その場合にはカードの発動は発生しない。

フィールドから墓地に送られる場合、代わりにエクストラに送られる

  • フィールドから墓地に送られる場合に限り、エクストラに置かれる
  • モンスター・魔法カードの状態は問わない
  • エクストラに送られるのはルールによるものであり、原則として妨げられない

フィールド上に存在するペンデュラムカードが墓地に送られる場合、墓地ではなく代わりにエクストラデッキに表側で置かれる。例えば、ペンデュラムモンスターが戦闘で破壊される場合、墓地には置かれるタイミングで直接エクストラに送られる。魔法カード状態となっていたり、裏側のまま破壊される場合でも同様である。

また、相手フィールド上に存在する元々の持ち主が自分であるペンデュラムカードが墓地に送られる場合には、元々の持ち主のエクストラデッキに表側で置かれる。

ペンデュラム効果について

ペンデュラム効果はペンデュラムモンスターがペンデュラムゾーンに置かれている状態の時に発揮される効果。
これが存在しないペンデュラムモンスターも存在する。

ペンデュラムゾーン以外では使えない。

ペンデュラムスケールについて

ペンデュラム効果の左右に存在する数値をペンデュラムスケールと呼び、ペンデュラム召喚の際に主に使われる。

ペンデュラムスケールが変化する際には、左右の数値の両方が変化する。例えば《時読みの魔術師》のペンデュラムスケールが4になる場合、両方のペンデュラムスケールが4になっていると考える。どちら一方のみが変化することはない。

ペンデュラムスケールはレベルや攻守とは違う扱いである。よって、レベルを参照するカードでペンデュラムスケールを参照することはできない。